管理薬剤師なら薬事法を知り尽くすべき!

管理薬剤師と薬事法の関係は管理薬剤師は薬事法を知っておく必要があるのです。

薬事法は医薬品や医薬部外品などの安全性や有効性に関わることや、薬局の開設許可のこと、広告規制など実にさまざまな範囲の法律なのです。

管理薬剤師は薬事法に違反していないかを、きちんと監視しないといけませんよー

管理薬剤師と薬事法は密接な関係!?

管理薬剤師と薬事法は、仕事を行う上で切っても切れない関係といえますよ。

薬事法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品や医療機器に関する法律で、これらの商品に関する必要な規制がたくさん定められています。

薬事法における医薬品とは、医師の処方せんがあってもらう薬や、薬局で買える風邪薬、胃腸薬、目薬、滋養強壮剤などがこれにあたります。

医薬品は病気の治療や予防に使われるものであって、含まれている成分の効果が認められいるものです。

直接口にしたり肌につける医薬品は、人の健康に大きく関わる大切なもの。きっちりと定めらた品質で安全性や有効性を確保した商品でなければならないのです。

薬事法では、医薬薬の製造や輸入、パッケージの表示、販売や流通のルール、広告表示の仕方、医薬品の容器や添付文書の記載事項に至るまで細かいことをたくさん定めています。

嘘や間違った情報を伝えることは薬事法の違反になります。

管理薬剤師は、それぞれの職場で取り扱う医薬品などが薬事法に沿って安全に保管されているかなどを管理する責任がありますよ。

ですから、管理薬剤師の仕事の一つは薬事法が守られているかを管理する仕事とも言えます。管理薬剤師は薬事法をしっかりと知って正しい指導をすることがとても大切なのです。

管理薬剤師は薬事法を守らなければならない

管理薬剤師は薬事法を「知らなかった」では済まされない責任があります。薬事法は法律なので、誤ったことをしていると職場やあなたが指導を受けます。

悪質な場合は営業停止ということも起こるかもしれません。

先ほどは医薬品について述べてみましたが、薬事法によって定められているものには、ドラッグストアなどで扱う医薬部外品も対象です。薬用歯磨き剤、薬用クリーム、薬用化粧品、薬用石けん、制汗スプレー、ベビーパウダー、なども薬事法に関係しています。

これらは医薬品ではないし、効果が誰にでも認められるものでもないけれど、効果を期待したり予防に使ったりする身近なモノたちです。

薬事法にはラベルの表示の方法などが定められていますが、それでもアレルギーが起こる可能性などもある商品です。

消費者が手に取りやすいモノだからこそ、正しく安心して使ってもらえるように管理薬剤師は管理しなければなりませんね。

その他、化粧品も医療用具も薬事法の対象。人の体を清潔に美しくする化粧品ですが、消費者の安全性を重視して薬事法に基づいて製造されています。

医療機器は疾病の診断・治療・予防に使用されるものです。病院や保険薬局で在宅医療に関わる管理薬剤師なら、身近なものが多いかも知れませんね。

薬事法で定められているモノは、とてもたくさんあるのですー

管理薬剤師は薬事法に基づいて業務が行われているかチェック

管理薬剤師は薬事法に基づいて薬局や医薬品販売業、医薬品製造業などの開設許可の手続きも行います。

薬事法には開設の許可の受け方や許可の基準、申請の仕方、開設者の義務なども定められています。

管理薬剤師は薬事法に従って、各職場で責任をもって管理をしていかなければならないのです。薬事法の内容を熟知して、日々の業務を行うのが理想です。

薬事法に定められている医薬品などの商品は、日用品などに比べると人体への影響が大きいものばかりです。

管理薬剤師はこれらをきちんと管理して、人が安心して使用できるように努めなければならないのです。

薬事法は薬剤師にとっても欠かせない法律ですが、より詳しく学んで仕事に活かしていくには管理薬剤師を目指してみるとよいでしょう。

薬剤師転職サイトに登録してみると、管理薬剤師の求人もたくさん見つけることができますよ。

このページの先頭へ