管理薬剤師の求人 企業で働くとどうなる?

管理薬剤師の求人 企業での業務はどんな感じでしょう。薬局やドラッグストアといった医療の場とは異なり、オフィス系の仕事に関わることが多くなります。

勤務時間や休日などの勤務条件が良いので家庭や介護などの事情で残業をすることが難しい薬剤師のあなたにもオススメの仕事ですよ。

管理薬剤師の求人 企業に就職するメリットとは

管理薬剤師 求人なら企業にもたくさんあることは知っていますか?

管理薬剤師といえば調剤薬局やドラッグストアをイメージしますが、製薬会社や医薬品卸会社などでも管理薬剤師の求人があります。

企業で働く場合は、土日が休みや、お盆や年末年始にもまとまった休暇をとることが出来るという特徴があります。

勤務時間は企業にもよりますが、17時や18時までの定時に終わるケースも多々見られますよ。

年間休日が多い企業もあるので、病院などの医療現場で土日出勤や当直勤務をこなしている薬剤師よりは、プライベートも充実させやすい環境だといえますね。

普段の勤務も、薬局やドラッグストアなどに比べると残業が少なめな事が多いです。

いつも決まった時間に帰ることができるので、企業の管理薬剤師は子育てをしながら働きたい女性薬剤師にとっても魅力的な求人ではないでしょうか。

また、企業ならではの安定性があり、福利厚生などの待遇もよくて、働きやすい環境が整っている場合もあるでしょう。

企業の管理薬剤師の場合は、薬剤師以外の人と一緒に働くことが出来ます。いろいろな人と出会って人間関係や視野を広げるには良い環境ですね。

逆に言うと、職場に他の薬剤師が居らずに自分一人だけが薬剤師というケースもあります。あなたが自分のペースで仕事が進められる反面、一人で責任のある大きな仕事に関わるかもしれません。

管理薬剤師の求人 企業での業務内容は

管理薬剤師の求人で企業で働く場合は、ドラッグストアや調剤薬局などの医療機関で働く管理薬剤師の業務内容とは異なります。

一番の違いは、調剤を行わないこと。

白衣を着用して患者さんやお客さんに接する業務ではなく、事務的なデスクワークが中心になることが多いでしょう

企業で働く場合、勤務場所は、製薬会社や医薬品卸会社の本社や支店、医薬品や化粧品メーカーの工場や倉庫などになります。

製薬会社の管理薬剤師は、薬剤の在庫管理、社内や社外からの医薬品に関する問い合わせ対応(DI)、社員に勉強会などを行う薬事教育、行政機関に提出する書類作成や文書の保管などに関わります。

医薬品や医療機器、化粧品などの工場で勤務する管理薬剤師は、商品の品質管理や分析業務、在庫管理などを担当するでしょう。

医薬品の倉庫で働く場合は、倉庫内の医薬品の在庫や品質管理の責任者になります。

このように管理薬剤師の仕事内容は、勤務する職場ごとに異なります。職場の規模も様々ですが、その中で薬剤師としての仕事にどのくらい関わるのかがポイントかもしれません。

工場や倉庫勤務の場合は商品の搬入などを手伝ったり、オフィス勤務の場合は営業アシスタントとして電話対応などに関わることもあるでしょう。

転職する前には企業の管理薬剤師の役割や業務について知っておく事も大切です。

管理薬剤師の求人 企業の働きやすさにも注目

管理薬剤師の求人には企業もあることがわかったと思います。

これまで病院や薬局で調剤に関わってきた薬剤師も、薬剤師の資格を活かした仕事ながら別の仕事内容である「企業の管理薬剤師」になるのも良い経験ではないでしょうか。

地域にもよりますが、企業の管理薬剤師の求人の数はあまりありません。欠員募集として不定期に管理薬剤師の求人が現れることも多いのです。

働きやすい条件なので人気の企業の管理薬剤師です。転職してみたいな、と思う人は幅広く求人情報を集めることが出来る薬剤師転職サイトにいくつか登録することをおすすめします。

このページの先頭へ