管理薬剤師の物流センターでの業務内容が気になる

管理薬剤師が物流センターで果たす役割は大きいのです。医療関連の物流センターは全国にありますが、その一つ一つに管理薬剤師が勤務しています。

人々の健康に関わる商品が薬事法に基づいて出荷されているかを管理しているのです。

管理薬剤師の物流センターでの働き方が知りたい

管理薬剤師の物流センターの業務を知りたくないですか?物流センター勤務とは、どのような勤務先となるのでしょうか。

物流センターの主な職場は製薬会社や医薬品卸会社の関連となるでしょう。これらの会社には医薬品を保管している物流センターがあるのです。

大規模にチェーン展開をしている調剤薬局やドラッグストアの会社の中には、独自に物流センターをもち、店舗で使う医薬品などを自社の物流センター内でまとめて管理していることもあります。

医薬品以外にも薬事法によって規制されている医薬部外品、化粧品及び医療機器を扱う物流センターでも、管理薬剤師がそれぞれの安全性の確保をするために勤務をしていますよ。

物流センターの管理薬剤師は、物流センターにある商品の管理業務全般に関わります。

医療関連の物流センターの中には北海道から九州、沖縄までの全国ネットワークで物流サービスを行うところもあり、物流センターの規模がとても大きいところもあります。

このように大きな物流センターだと商品の在庫の変動も大きそうですね。

物流センター内の在庫数の確認やデータ照会を行ったり、商品を納品後に帳簿記入していくことは管理薬剤師の役割の一つです。

医薬品などが薬事法に基づいた方法で倉庫から出荷されているかも、管理薬剤師の大切なチェック項目。

また、物流センター内に商品が正しく保管されているか、他の商品と混ざらずに棚ごとに商品がきっちりと分けて置いてあるか、など

物流センターの管理薬剤師は、品質管理業務も兼ねることも多いと思います。

薬局や病院などの医療機関に薬事法に基づいた管理が行われた医薬品が届くまで、物流センターの管理薬剤師が管理しています。

物流センターの管理薬剤師は、患者さんが正しく医薬品を使用するために間接的に貢献しているのですよ。

管理薬剤師は物流センターで働く前にチェックしておこう

管理薬剤師の物流センターで働く環境は企業によっても異なりそうです。

物流センターでは土日祝を休みとするところが多いのです。管理薬剤師も週末にきっちりと休めるし、残業も少なく働きやすい環境だといえるでしょう。

また、大手企業の関連やグループ会社の場合も多いのです。安定した企業グループの一従業員として、安心して働けるかもしれません。

福利厚生などが充実していることもあるでしょう。

管理薬剤師として働きやすそうな職種ですが、広大な敷地の物流センターが所在するのは駅チカの通勤の便利なところには少なそうです。

車通勤が必要な場合もあるかもしれませんね。

管理薬剤師の物流センターの求人はまれなことも

管理薬剤師の物流センターの求人はいつもあるわけではないです。調剤薬局などに比べると絶対数も少ないことも理由の一つ。

欠員を募集するかたちで不定期に管理薬剤師の求人が現れるかもしれないです。

物流センターの管理薬剤師はセンター内の管理業務や品質管理以外に、営業事務的な仕事や、企業内の別の仕事に関わることも考えられます。

管理薬剤師が医薬品の出荷時に積み下ろしなどのお手伝いをする企業も、中にはあるかもしれません。

物流センターの管理薬剤師になったけど医薬品の積み下ろしに明け暮れる職場では、薬剤師としてあまり好ましい状況ではないですね。

このようなリスクを避けるために、私は薬剤師転職サイトを利用する方法をおすすめします。サイトに登録するのは無料なのに、たくさんの求人情報があり、転職専門のコンサルタントに相談することもできるのです。

すぐに転職するつもりはなくてもOKですので、気軽に登録してみましょう。

このページの先頭へ