工場の管理薬剤師の求人に応募してみよう

工場で管理薬剤師の求人にはどんな特徴があるのでしょう。工場の管理薬剤師は医薬品などが作られる過程に関わり、品質のいい製品を世に出すためにしっかりと管理をしています。

白衣を着用して服薬指導をする薬剤師とはちょっと違った経験ができそうですね。

工場の管理薬剤師の求人では、どんな仕事をするのだろう

工場に管理薬剤師の求人があるのは何故だと思いますか?医薬品製造工場などには薬剤師免許を持つ薬剤師が管理薬剤師となり、管理をすることが義務付けられているのです。

薬事法に規定されている医療用医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、試薬などを製造する工場では管理薬剤師が一名必ず勤務しています。

管理薬剤師はそれぞれの工場で製造する製品の製造管理や品質管理に携わります。

工場では原料や中間原料を元に製品を作り出していきます。医薬品などは複雑な製造工程を経て製品が作られますが、その一つ一つの工程を厳しく管理していなかればならないのです。

医薬品などの製品は直接口にしたり体に塗ったりするモノで、人の健康に大きく関わります。だから、安全が保証された製品でなけらばなりませんね。

工場で働く管理薬剤師は、患者さんが安心して製品を使用するために製造段階で管理をしていますよ。

工場の管理薬剤師の求人を見つけたけど、詳しい業務内容を知りたい

工場の管理薬剤師の求人に興味はありませんか?医薬品などがどうやって作られていくかに関わることができて、面白そうですね。

管理薬剤師は工場で働くことになりますが、それぞれの工場によって業務内容は違うとは思います。

主な仕事は、医薬品などの製造管理、製品の品質保証に関する各種基準書などの薬事申請業務、管理帳票類の作成や管理、工場内の品質保証業務の推進などに関わります。

出荷業務や出荷先に指導を行ったり、工場で働く従業員の人材育成をすることもあります。

工場内の試験室などで製品の評価試験や安定性試験などを行ったり、製品の開発や企画などにも関わることもあるでしょう。

さらに、工場長またはそれに同等する権限が与えられる場合は、工場運営全般に責任を持ち、工場内の設備計画の立案、製品の生産計画、計画の進捗状況などを管理することもあるでしょう。

原材料の発注や原価管理など原料の調達に関わったり、工場の資材や備品等の管理にも権限があるかもしれないですね。

工場の管理薬剤師はよりよい製造工程を追求して、高品質な製品を安定して供給していくことに貢献しているのです。

工場の管理薬剤師の求人は、こんな人におすすめ

工場の管理薬剤師の求人には、いくつかの特徴があります。

一つ目は、工場がある場所が自然豊かなところが多いこと。空気の綺麗な自然に囲まれた場所で、都会とは違って落ち着いた環境で仕事ができるかもしれません。

Uターン、Iターン転職を希望する人にもおすすめですね。

二つ目は、工場での勤務時間が規則的なことが多いこと。土日祝は工場がお休みで、残業となる事も少ないと思います。家庭をもつ薬剤師にとっても、両立がしやすそうですね。

その他、長く安定した実績をもつ会社の工場で勤務することが多い、ということも特徴でしょう。

工場の管理薬剤師はモノをつくるという製造業の仕事が好きな人、品質、製造、分析、マネジメント管理などを経験している薬剤師に向いています。

工場の管理薬剤師の求人を探したい人におすすめしたいサイトは、薬剤師転職サイトです。登録は無料です。

サイトに登録すると、家にいながら全国にある工場の管理薬剤師の求人を探すことができます。

給料や条件などの情報を見比べてじっくりと考えることもできますし、わからないことはそれぞれのサイトのコンサルタントに相談することもできるのです。

あなたも薬剤師転職サイトでキャリアを活かすことができる工場の求人情報を探してみてくださいね。

このページの先頭へ