管理薬剤師がドラッグストアで行う仕事は?

管理薬剤師はドラッグストアでも活躍しています。管理薬剤師の中にはドラッグストアの店長を兼ねるケースもあるでしょう。

ドラッグストアの管理薬剤師は、店舗で扱う医薬品などの管理や従業員の指導など、さまざまな業務を行っていますよ。

管理薬剤師のドラッグストアでの役割とは

管理薬剤師はドラッグストアでも働いています。

管理薬剤師といえば医療用医薬品を扱う調剤薬局を考えるかもしれませんが、一般販売業の店舗であるドラッグストアにも管理薬剤師は必要です。

ドラッグストアでは薬剤師の資格をもたない人が開設者となっていることも多いです。その場合はドラッグストアで働く薬剤師の一人が管理薬剤師となる必要があります。

管理薬剤師がいなければ、ドラッグストアを開店することも出来ないのです。

ドラッグストアにはOTCに限らず、健康食品、化粧品、サプリメント、日用品、などなど実にたくさんの商品がおいてありますが、ドラッグストアの開設者が薬にあまり詳しくないこともあるでしょう。

そういう時は管理薬剤師が先頭に立って一般用医薬品を適切に使用できるように指導していくことが求められますよ。

多くのお客さんが訪れるドラッグストアですので、店舗内の管理も管理薬剤師が責任をもって行う必要があります。

また、ドラッグストアには薬剤師以外の人もたくさん働いています。管理薬剤師は一緒に働くスタッフの薬事教育にも関わっていくことが求められますよ。

調剤薬局に比べると扱う商品も多くていろいろな人がいるドラッグストアです。ドラッグストアの管理薬剤師は幅広い仕事の管理をする必要がありそうです。

管理薬剤師のドラッグストアでの一日は

管理薬剤師がドラッグストアで行う仕事はどのようなことでしょうか。管理薬剤師の具体的な役割をみていきましょう。

まず、管理薬剤師はドラッグストアで働く薬剤師や薬剤師以外の従業員がしっかりと業務をしているかの監督や指導をしていくことが求められますね。

ドラッグストアにある医薬品を販売するときは、適正に使用できるように服薬指導をすることが必要です。

お客さんから医薬品の専門的な質問をされた時など、薬剤師以外の従業員では対応が難しい時は、管理薬剤師が専門性を活かして対応しなければなりません。

一人ひとりの状況に合わせた情報提供が求められますし、ドラッグストアにあるOTC医薬品では対応できないと判断したときは、医療機関へ行くことを勧めないといけませんね。

店舗内には医薬品や医薬品以外の商品もたくさんあります。それらが適正に管理されているかをチェックしていくのもドラッグストアの管理薬剤師の業務の一つです。

例えば医薬品と医薬部外品、化粧品などは別にして陳列しなければなりません。

それに、ドラッグストアに来るお客さんが、これらの商品がどのようなものかわかりやすいようにしなければなりませんね。

ドラッグストアにある医薬品や他の商品などが適正な温度や場所など決められた保管方法で貯蔵されているかも確認する必要があります。

店舗の設備に不備があったり何か問題がある場合は、開設者に改善するように申し立てすることも仕事のうちです。

店舗内の様々な業務に関わり責任者となるのがドラッグストアの管理薬剤師です。

ドラッグストアの管理薬剤師に転職するときの注意点

管理薬剤師がドラッグストアで行う業務はやりがいがありそうですね。

最近のドラッグストアでは調剤室を併設しているところも多くあり、OTCも調剤も出来るドラッグストアに転職を希望する薬剤師も増えてきています。

ドラッグストアの中には管理薬剤師がドラッグストアの店長を兼ねるところもあるでしょう。店舗の売り上げや経営にも関わる重要なポストになりますよ。

いろいろな仕事に関われるドラッグストアの管理薬剤師として、あなたもスキルアップしてみませんか。

薬剤師転職サイトにはドラッグストアの管理薬剤師の求人も増えています。サイトに登録して覗いてみると有益な情報が得れますよ。

このページの先頭へ