管理薬剤師は英語力があったほうがいい?

管理薬剤師が英語スキルがあると有利な職場もあるでしょう。海外からの観光客が多い地域や外国人が多く住む地域では、英語ができる管理薬剤師ならコミュケーションをとることが容易になりますね。学術職などを兼務する製薬会社の管理薬剤師では、ハイレベルな英語力が求められることもあります。
続きを読む

管理薬剤師は兼務が出来るの?

管理薬剤師が兼務するのは可能でしょうか?管理薬剤師は薬事法上で、薬事に関する実務は兼務出来ないと定められているんです。管理薬剤師は職場の管理者の立場なので、一つの職場以外で薬剤師の仕事をすることは基本的に認められてません。それだけ、管理薬剤師の仕事は責任があって重要なポストってことなのかな。
続きを読む

管理薬剤師は副業しちゃいけないの?

管理薬剤師が副業するのは可能でしょうか。それぞれの会社の就業規則によりますが、あなたの会社で副業が認められている場合、薬事以外の仕事で副業をすることはできるのです。副業をする場合は管理薬剤師の仕事をおろそかにしないように注意して下さいね。
続きを読む

管理薬剤師は派遣でもOK?ダメ?

管理薬剤師が派遣として働くことは可能でしょうか。自分のワークスタイルに合わせて働ける派遣ですが、残念ながら派遣労働者が管理薬剤師として働くことはできないのです。派遣で働くなら管理薬剤師以外の職種にするか、または紹介予定派遣という方法では可能かもしれません。
続きを読む

管理薬剤師はパートだとダメなの?

管理薬剤師がパート勤務でもいいのでしょうか。管理薬剤師は週に40時間勤務することが基本ですが、雇用形態に決まりはありません。パート勤務の薬剤師でも十分な勤務時間を確保できれば、管理薬剤師として働くことは可能なのですよ。
続きを読む

管理薬剤師と薬局長は何か違うの?

管理薬剤師と薬局長、どちらも管理職で責任が重そうな感じですけど、この二つは何か違いがあるのでしょうか。管理薬剤師が薬局長を兼務したり、別々の薬剤師が担当したり、役割が少し異なることもあるようですね。働くところによって呼び方が変わることもありますよ。
続きを読む

管理薬剤師なら薬事法を知り尽くすべき!

管理薬剤師と薬事法の関係は管理薬剤師は薬事法を知っておく必要があるのです。薬事法は医薬品や医薬部外品などの安全性や有効性に関わることや、薬局の開設許可のこと、広告規制など実にさまざまな範囲の法律なのです。管理薬剤師は薬事法に違反していないかを、きちんと監視しないといけませんよー
続きを読む

このページの先頭へ