管理薬剤師は副業しちゃいけないの?

管理薬剤師が副業するのは可能でしょうか。それぞれの会社の就業規則によりますが、あなたの会社で副業が認められている場合、薬事以外の仕事で副業をすることはできるのです。

副業をする場合は管理薬剤師の仕事をおろそかにしないように注意して下さいね。

管理薬剤師が副業、できるの?

管理薬剤師は副業をしても良いのでしょうか。

管理薬剤師は薬事法によって、薬事に関する仕事を兼務することは出来ないと定められていますが、副業については薬事法上には制限がありません。

つまり、管理薬剤師は薬事に関する仕事以外、異業種の仕事の副業は可能なのです。

でも、注意して欲しいのは管理薬剤師なら誰でも副業が出来るわけではないということ。

管理薬剤師が働いている会社によっては副業を禁止している場合も多いでしょう。副業をする前に会社の就業規定をよく確認しないといけません。

もしあなたが会社で内緒で副業をしてばれてしまったら、処分を受けたり管理薬剤師の仕事の方を失ってしまう危険もあるのです。

管理薬剤師が副業をする時の注意点は?

管理薬剤師は副業ができますが、副業というのはどういう仕事のことを指すのでしょう。

管理薬剤師にとっての副業は、管理薬剤師として働く以外で収入を得る為にする仕事のことです。仕事の種類は問わず、どんな仕事でも副業と言えます。

管理薬剤師は安定している医薬品業界で仕事をしているとはいえ、現在は不景気な社会です。

給与もあまり上がらないし、将来の為にも余っている時間に他の仕事をして収入を増やし、もっと貯蓄したいと考える薬剤師も少なくないはずです。

一口に副業といっても、いろいろな仕事が考えられます。収入もお小遣い程度のちょっとしたものから、管理薬剤師の仕事とどちらが本業なのかわからないほど稼ぐケースもあります。

また、副業をすると収入を得る以外にもメリットはあります。社外の人との交流が生まれたりスキルアップにつながることもあるでしょう。

ただし、本業はあくまでも管理薬剤師の仕事です。副業にかける時間が長くなって、本業である管理薬剤師の仕事に力を入れられなくなった、ということでは困るのです。

管理薬剤師 副業ではどういう仕事が出来る?

管理薬剤師は副業をすることが出来ますが、あくまでも会社の就業規定で副業が認められている時だけです。

副業が可能な場合は、どのような仕事が副業として考えられるでしょうか。

薬事に関する仕事は薬事法によって兼務が禁止されていますので、薬局やドラッグストアなどのアルバイト、パートの仕事、いわゆる「掛け持ち」の仕事はできません。

副業をするには、薬には関係のない仕事になりますね。

管理薬剤師の仕事に支障をきたさないためには、管理薬剤師の勤務が終わってから週に数回、数時間の勤務というのが、妥当なところではないでしょうか。

パソコンやインターネットが普及している現在では、あなたの自宅でも様々な形で副業としてお金を稼ぐことができる時代にはなっています。

注意点としては副業をして誰でもたくさんお金を稼げるわけではありません。副業で大もうけできるのは一部の人だけと思っておいたほうが良いですよー

管理薬剤師が副業をするならば

管理薬剤師は副業をすることができるけど、やっぱり本業は管理薬剤師の仕事。

何度もいいますが、薬事法で禁止されているのは薬剤師としての仕事の兼務なので、それ以外の仕事で会社が認めている時に限り副業はできます。

けれども、従業員や医薬品の管理を担う管理薬剤師は仕事内容は幅広く、責任も重大。仕事も残業があったりハードな場合もあります。

副業で疲れがたまり、仕事でミスを犯すことは決して許されることではありません。

それに収入の面では管理薬剤師手当などもありますし、管理職ですので本業である管理薬剤師に集中して仕事をするべきではないかとは思います。

管理薬剤師に応募する時は、副業をする必要がない良い条件の求人を探してみましょ。

薬剤師転職サイトに登録して、求人情報を集めてみるとよいでしょう。

このページの先頭へ