管理薬剤師は調剤薬局で一番エライ人

管理薬剤師は調剤薬局の責任者です。調剤薬局で働いている薬剤師は、いつか管理薬剤師になってみたい、と憧れる人も多いのではないでしょうか。

薬剤師としてキャリアも積める調剤薬局の管理薬剤師は、魅力あふれるポストですね。

管理薬剤師は調剤薬局の責任者なの?

管理薬剤師は調剤薬局の中で一番上の立場の人です。管理薬剤師は薬事法によって調剤薬局に配置が義務づけられています。

つまり調剤薬局には必ず一人の管理薬剤師が居るということになります。

調剤薬局の管理薬剤師の仕事内容は、調剤業務、服薬指導など他の薬剤師とほとんど同じことも行いますが、調剤薬局の責任の所在は管理薬剤師になります。

同じ調剤薬局で働いていても管理薬剤師になれば通常の給料に上乗せして、管理薬剤師手当がつくのも魅力です。

調剤薬局はいろいろな仕事管理を行うということで、管理薬剤師になるにはそれまでに3年以上の実務経験があるほうが望ましいとされていますよ。

責任は大きい仕事ですが、薬剤師としての職能を活かして、やりがいもたくさん感じながら働けるポジションが調剤薬局の管理薬剤師です。

管理薬剤師が調剤薬局で行う仕事内容とは

管理薬剤師の調剤薬局での実際の業務はどうなっているでしょう。

調剤薬局の規模や経営(個人かチェーン店、などなど)によっても、管理薬剤師の仕事内容はさまざまです。

管理薬剤師の主な仕事ですが、調剤薬局で扱う医薬品などの管理帳簿の記載や管理を行います。また、医薬品の購入の管理や販売についてや、調剤薬局に在庫している医薬品の品質管理や薬事管理にも責任があります。

調剤薬局内の設備はきちんとしているか、薬事法などに基づいて管理ができているかなどもチェックする必要がありますね。何か不備があれば、開設者に申し立てをして改善してかなければいけません。

従業員の管理も管理薬剤師の仕事です。一緒に働く薬剤師や、医療事務の人などの勤務の管理を行います。

シフト制で交代勤務する調剤薬局では、管理薬剤師が責任者となって決めることが多いでしょう。

管理薬剤師は、スタッフの教育にも関わります。薬局を利用する患者さんに喜んでもらえるように、薬事教育や接客の仕方なども指導する立場になります。

管理薬剤師は定期的にミーティングを開いて社内連絡を行ったり、働くスタッフの気持ちをまとめる役割も果たします。

風通しのよく、従業員一人ひとりが働きやすい職場をつくることも管理薬剤師の大事な仕事。

調剤薬局の管理薬剤師には、調剤薬局の業務全般を見渡せる能力と、リーダーシップがとれる人が向いているかもしれません。

管理薬剤師 調剤薬局には多くの求人があります

管理薬剤師で調剤薬局で働くには、どうするのが近道でしょうか。

あなたが働いている調剤薬局で運よく管理薬剤師に昇進できれば一番いいのですが、残念ながら管理薬剤師のポストは薬局に一つだけ。

なりたい人が希望した時期に管理薬剤師となれるワケではないのですね。

今の調剤薬局では管理薬剤師になる順番は回ってきそうにないけれど、たくさん経験も積んできたし、管理薬剤師としてステップアップしてみたいな、と考える薬剤師は別の調剤薬局に転職するという手がありますね。

調剤薬局の新規開局やドラッグストアに調剤薬局を併設するところも増えてきていて、新しく管理薬剤師が必要となって募集することもよくあります。

薬剤師の転職サイトには調剤薬局の管理薬剤師の求人情報が集まっています。自分で管理薬剤師の求人を見つけるのが難しい場合は、利用してみるといいと思います。

仕事を続けながら転職を考えている人には、自宅にいながら転職活動をすすめることができるので、特におすすめです。

調剤薬局の管理薬剤師はあなたのキャリアアップにつながります。なってみたい人は是非挑戦してくださいね。

このページの先頭へ