卸の管理薬剤師 求人は企業で働くチャンス

卸の管理薬剤師の求人の見つけ方

卸で管理薬剤師の求人もありますよ。医薬品卸会社では様々なメーカーの製品を扱うので、必要な知識も膨大なのです。

卸として中立な立場となる管理薬剤師ですが、安定した会社で働ける魅力のある求人ですよ。

卸の管理薬剤師 求人は見つけたけど、気になる薬剤師の業務は

卸の管理薬剤師にも求人がありますよ。営業所に社員が多く働く医薬品卸会社ですが、建屋ごとに一人管理薬剤師を置くことが義務付けられているのです。

管理薬剤師といえば薬局や病院を思い浮かべがちですけど、医薬品卸会社の管理薬剤師はどんな仕事内容をしているか、気になりますね。

医薬品卸会社は、医療用医薬品だけでなく医薬部外品、医療機器や試薬なども扱っています。

卸の場合は自社商品に限らず、多くのメーカーと取引があります。だから、取り扱いのある商品がものすごく多いのですね。

おそらく、一番多くのの商品を知っているのは卸で働く管理薬剤師でしょうね。

このように、たくさんのメーカーの商品を管理することが、製薬会社の管理薬剤師とは異なるところです。

管理薬剤師の業務内容は多岐にわたります。まずは、医薬品などの商品の在庫管理や薬事管理商品の入出庫。

麻薬や毒物・劇物、向精神薬など記帳の義務があるものは管理薬剤師が責任をもって管理をしていきます。

また、営業所のMSへの医薬品に関する教育を定期的を行い、営業サポートに関わります。

社外からも、得意先の医師などから医薬品や商品に関わる問い合わせ受けることがありますが、これらも管理薬剤師が対応しています。日々の情報収集も大事な業務の一つですよ。

営業所の管理薬剤師に限らず、卸の本社などでDI業務や製造販売後の安全管理(PMS)業務などを専属して働く薬剤師もいるので、キャリアを磨ける可能性もあります。

薬事法に基づいた管理も行うので、医薬品の知識以外にも関連する法律も知っておかなければなりません。薬剤師としての専門性も活かすことができそうですね。

その他、営業サポートとして、電話対応や来客対応を行うこともあるなど、幅広い仕事に関わる可能性がありますが、卸の会社によって管理薬剤師が関わる仕事の内容はさまざまなようです。

卸の管理薬剤師 求人には大手企業もあり、土日休みも

卸の管理薬剤師 求人の数は少ないようです。卸の求人が少ない理由の一つとして、管理薬剤師のポストが少ないことと、働きやすい環境であることが言えるかもしれません。

大手企業の場合は土日祝が休みや、残業がほとんどないという好条件の職場が多いようです。一般的に年間休日も多く、福利厚生なども充実しており、安心して長く働くことができる環境かもしれませんよ。

介護や子育てなど、家庭の事情で残業が出来ない薬剤師にとっては、卸の管理薬剤師は価値ある求人になりますね。

仕事もプライベートも充実させたい薬剤師にとっては、卸の管理薬剤師は見逃せない求人かもしれません。

卸の管理薬剤師 求人を探すには

卸の管理薬剤師の求人にあなたは興味が出てきたでしょうか。

医薬品卸会社では薬剤師以外の社員がたくさん働いています。卸の管理薬剤師として働くと人間関係も広がり、広い視野をもって仕事が出来るという特徴もありますよ。

社内や社外の人との関わりが多い卸の管理薬剤師です。コミュニケーション能力があり、いろいろな仕事の分野に取り組みたいと考えている薬剤師に向いている仕事かもしれませんね。

卸の管理薬剤師の求人は、調剤薬局などに比べると少ないです。また、欠員補充という形で不定期にすることも多いので、常に情報収集をしなければすぐにポストが埋まってしまいます。

希少な情報を幅広く集めるには、薬剤師転職サイトに登録するという方法をおすすめします。家に居ながらにして、多くの情報を効率的に集めることができますよ。

このページの先頭へ