倉庫の管理薬剤師の求人に応募してみたいけど

倉庫で管理薬剤師の求人もありますよ。たくさんの商品が置いてある倉庫でも、管理薬剤師が薬事法に基づいて医薬品などを保管しなければなりません。

倉庫で働く管理薬剤師は医薬品の品質管理などの責任者となりますよ。

倉庫の管理薬剤師の求人 どういう業務だろう

倉庫の管理薬剤師の求人を見たことはありませんか?倉庫の管理薬剤師の仕事内容はどのようなものか、気になる人も多いはずです。

管理薬剤師が必要な倉庫は、製薬会社の倉庫だけではないのです。

医療用医薬品に限らず、一般用医薬品、漢方薬、薬事法の規制をうける健康食品やサプリメント、医療機器などを保管する倉庫には、薬事法によって管理薬剤師の配置が義務付けられています。

倉庫で勤務する管理薬剤師は、倉庫内にある薬などが薬事法などに基づいて適切に保管されているかをチェックする責任があります。

倉庫によってはさまざまなメーカーの医薬品を一度に保管しているところもあります。医薬品によっては冷所保管などの温度指定や、暗室での保管などが義務付けられているものもあるのです。

それぞれの医薬品が適切な場所で保管されているかをチェックしたり、商品の出庫があれば帳簿記載するなど在庫管理を行います。

医薬品には定められたラベルや添付文章がついているか、商品に傷がついていないか、不良品がまぎれていないかなどの検品もありますね。

多くの商品を保管している倉庫では、管理薬剤師の管理業務のボリュームも増えそうです。

倉庫の管理薬剤師の求人はどんな人におすすめ?

倉庫の管理薬剤師の求人があるのは、薬剤師免許をもつ管理薬剤師が管理者となって倉庫内の管理業務を行わなければならないからです。

倉庫の管理薬剤師の仕事は薬事法や品質管理などの知識があり、物事を分析したり判断することが得意な薬剤師に向いているでしょう。

倉庫ではいろいろな職業の人が勤務していますが、従業員の中で薬剤師はあなた一人ということもあるかもしれません。

薬剤師のあなたが責任をもって医薬品の管理をしていくことも求められそうです。

また、患者さんに服薬指導などが必要な病院や薬局の仕事と比較すると、社外の人とコミュニケーションをとることが少ないのも特徴です。

倉庫の管理薬剤師の仕事は、患者さんと接客をするのが好きではない薬剤師にもおすすめかもしれません。

仕事内容は幅があることも考えられます。会社によっては医薬品の製造管理者を兼務したり、物流の企画などに関わる事もあるかもしれないです。

倉庫内の管理業務にあわせて、薬事法に基づいた書類作成や、受発注などの営業事務的な仕事、問い合わせ対応なども行うこともあるでしょう。

管理業務に携わるにはパソコンの基本的な操作ができるほうがいいかもしれませんね。

その他にも医薬品物流の企画運営や、医薬品の学術などに関わる事もあるかもしれません。

倉庫の管理薬剤師の求人を探したい人におすすめの方法は

倉庫の管理薬剤師の求人に興味はありませんか?倉庫の管理薬剤師の魅力の一つに勤務時間があります。

たいていの場合、倉庫の管理薬剤師の仕事は定時で終わります。残業が必要なこともほとんどないようです。あっても月に2,3回程度ではないでしょうか。

休みもきっちりととれそうだし、仕事が終わってからのプライベートも充実させることができそうですね。

また、倉庫の管理薬剤師は安定した企業グループの勤務となることが多いのです。安心して長く働くことも可能そうです。

働きやすそうな倉庫の管理薬剤師ですが、業務内容は先に述べたように会社によって様々です。

転職してから薬剤師の職能を活かす仕事に関わることが少ないことがわかれば、悲しいですね。

薬剤師の転職サイトに登録すると、それぞれの職場の詳しい仕事内容まで知ることができます。詳細まで知ってから応募する方が安心ですよね。

倉庫の管理薬剤師への転職を成功させたい人は、是非登録してみてくださいネ。

このページの先頭へ