管理薬剤師の手当 相場を教えて!

管理薬剤師の手当って相場が知りたいですね。せっかく管理薬剤師になるのだったら、相場くらいの手当ては欲しいもの。

あなたが転職を考えているところの管理薬剤師手当は、仕事の責任に対して妥当な手当ですか?手当の項目はしっかりチェックしておいたほうが良いですよ。

管理薬剤師の手当 相場の実情は?

管理薬剤師の手当に相場があるか知っていますか?先に説明しておきますが、管理薬剤師手当とは薬剤師手当とは別に、管理職という役職に対する手当になりますよ。

管理薬剤師になると所定の手当がいつもの給料に上乗せして支給されます。手当がもらえると仕事へのモチベーションもアップするし、なんと言っても嬉しいですね。

気になる相場はいくらかというと、管理薬剤師になったからといってどこでも一律の金額ではないんですね。

勤務先や勤務場所によっても管理薬剤師手当の金額の幅がかなーり広いのが実態のようです。

管理薬剤師手当は月額1万円から10万円くらいまで可能という統計もあります。

例えば、ドラッグストアで店舗運営からマネージメント、従業員の管理などなど、多くの責務を担っている管理薬剤師はその分だけ管理薬剤師手当も手厚くなっている傾向があるんです。

基本給が低めに設定されている会社でも、管理薬剤師で手当がたくさん貰えるところだと、待遇はぐっとよくなります。その他にも管理手当がつく場合もありますし。

給料アップを狙って転職を考えている薬剤師は、管理薬剤師手当を計算するのを忘れずにしましょ。

逆に管理薬剤師手当が基本給に含まれていることもあるので、資格手当の項目はしっかり何度もチェックです。

管理薬剤師の手当 相場が高いところは

管理薬剤師なら手当の相場が高いところに就職したいですよね。では、手当がたくさんもらえそうな仕事は何だと思いますか??

まず、ドラッグストアや調剤薬局の管理薬剤師の場合は4万~6 万円の管理薬剤師手当が相場のようです。

薬剤師が不足気味の地方にいくと8万円~という高待遇の管理薬剤師手当が支給されることもあるみたいです。

地方だと基本給の相場も高いことが多いので、管理薬剤師として働くと手当がついて年収も格段によくなる可能性があります。

管理薬剤師になると職場によっては店長として店舗の売り上げや顧客管理などに関わっていきます。

店舗が大きければそれだけ多くの責任がありますが、もらえる給料にも反映するのでやりがいを求める人には向いていますね。

では、医薬品卸会社や医薬品製造業、工場などの企業に勤める管理薬剤師の手当の相場はどうでしょう。

管理薬剤師手当は平均して1~4万円という数字が出ているので、全般的に低めな感じがしますね。

企業の管理薬剤師の仕事内容は実にさまざまで、管理者として大きな権力を握れるところから、管理薬剤師の名前が欲しいから採用された、というところまであるんです。

管理薬剤師の業務が一般の事務員の方とあまり変わらないようなところでは、管理薬剤師の手当も少ないことが多いかも。

でも、手当が低くても高くても何かあった時の法律上の責任者は管理薬剤師のあなたです。仕事の責務に見合った手当は貰っておかないと後悔しますよ!!

管理薬剤師 手当の相場で年収が変わる

管理薬剤師の手当の相場はわかったでしょうか。月額に5万円もらえれば年収で計算すれば60万円の差になりますから、大幅な年収アップにつながりますよ。

管理薬剤師になると手当が上乗せされるので、同じような仕事をやっていても薬剤師と管理薬剤師の間で給与格差がでてきます。

管理薬剤師になれるチャンスがあるなら、手当をもらってキャリアアップした方がいいと思いません?

手当の相場もわかって魅力的だけど、管理薬剤師はどこで募集しているのかわからないという人は、薬剤師転職サイトに登録してみるといいかもしれません。

管理薬剤師候補の求人は多数ありますので、採用されれば手当をもらえて年収の大幅増も夢ではありません。

このページの先頭へ