管理薬剤師とは一体どういう職業なの?

管理薬剤師とは何をしている人かわかりますか?薬事法によって薬局やドラッグストア、製造業などでさまざまな管理をする薬剤師です。

職場の管理職に相当して、場合によっては一番の責任者になることもありますよ。管理薬剤師はどんな仕事をしているかを見ていきましょう。

管理薬剤師とは何をしている仕事だろう?

管理薬剤師とはどこで仕事をしている人のことでしょう。管理薬剤師が働くところといえば、調剤薬局を頭に浮かべる人が多いかも知れません。

しかし、薬局の他にもドラッグストア、医薬品卸売業、病院、医薬品製造業、製薬会社など、医薬品を扱ったり販売や製造をしているところには、必ず管理薬剤師を置かなければならないことが法律により決まっています。

つまり、医薬品があるところには、管理薬剤師がいなければならないのです。

管理薬剤師の仕事内容は職場によっていろいろですけど、医薬品に関わるさまざまな管理をしていますよ。

たとえば調剤薬局の管理薬剤師では、医薬品の購入や販売の管理、薬の品質管理、薬事法などに基づく薬事管理、構造設備の管理などを行っています。

保険やレセプトに関する知識も必要だし、一緒に働く薬剤師や医療事務の人の勤務管理などの仕事も含まれています。薬に関する知識も人一倍必要ですね。

このように管理薬剤師とは、薬剤師の中では上の立場。薬剤師の中の専門家として、管理をしていく責任のある仕事なのです。

管理薬剤師とは管理職なの?どうやったらなれるの?

管理薬剤師とは誰でもすぐになれるポジションではないのです。一般的に、管理薬剤師になるには3年以上の実務経験があるほうが好ましいとされています。

ただし、3年という経験は義務ではないので、それよりも早くなる人もいます。

管理薬剤師は一つの職場に一人の管理職ポストです。管理薬剤師になりたくてもポストが埋まっていれば残念ながらなることが出来ません。

ベテランの薬剤師が何年も同じポジションにいる職場では、管理薬剤師になるのは難しいかもしれませんね。

逆に、転勤や異動が定期的に行われる職場や新しい店舗ができた時などには、管理薬剤師に昇進するチャンスがあります。

あなたなら適任だと思われれば、管理薬剤師になってくれないかと声が掛かるかもしれませんよ。もし、声を掛けてもらったら、キャリアアップの為にも是非挑戦してみて下さいね。

仕事の幅も広がりますし、これから先転職する事があった時にも有利になりますよ。

管理薬剤師とは何?向いている人、向いていない人っている?

管理薬剤師とは店舗を任せられる責任のある職業です。必要であれば、経営者にも意見を申し立てなければならない立場です。

それに、職場で一緒に働く人たちをまとめていくリーダーシップも必要ですね。コミュニケーション能力にも長けて、従業員から信頼が厚い人が管理薬剤師に向いています。

薬剤師としての経験が豊富で、医薬品などの知識が豊富でも、管理者として責任のある立場には向かない人もいます。

管理薬剤師になるには、周囲に気を配り働きやすい環境を作れるなど人としてバランスの取れた人だと良いですね。

管理薬剤師とはいつなればいいの?早くなったほうがいい?

管理薬剤師とは何歳ぐらいでなれるのでしょう。それは、本当に人それぞれです。調剤薬局などでは30歳までに経験する薬剤師も少なくないでしょう。

管理薬剤師を募集している職場では、入社してすぐになれる事もあります。しかし、待っているだけでは管理薬剤師になるチャンスを逃します。

自分の努力ではどうしようもなく、人事のタイミングや運にも左右されます。

管理薬剤師を目指したいけど、今の職場では何年待ってもチャンスが巡ってこないと考える薬剤師は、転職する、という手もありますね。

新しくオープンするドラッグストアや調剤薬局では、管理薬剤師のポストが空いていることが多いので、応募することができますよ。

仕事に対するやりがいやモチベーションもあがり、給与もアップする可能性が大です。興味がある人は、転職サイトに登録してコンサルタントに相談してみるのもよいでしょう。

このページの先頭へ