管理薬剤師の勤務時間は長いの?短いの?

管理薬剤師の勤務時間は一週間当たり40時間確保されている必要があると定められています。

管理薬剤師として働くには、常勤の勤務形態であることが基本です。

一般の薬剤師と比べて定められいる勤務時間は特に変わりませんが、管理職として残業をすることもあるでしょう。

管理薬剤師の勤務時間は週40時間が基本

管理薬剤師の勤務時間は決まっているのでしょうか。

管理薬剤師は営業時間内は責任者として管理業務を行わなければなりません。常勤でなければなりませんし、連絡を取って駆けつけるという状態ではなく、実際に勤務して管理を行わなければなりませんよ。

管理薬剤師の勤務時間はそれぞれの職場の就業規則に基づきます。薬剤師の勤務時間が週に40時間と決められていれば、管理薬剤師の勤務時間も週40時間になります。

管理薬剤師は定められた勤務時間をすべて満たさなければならないのです。

ただし実際の勤務時間は、それぞれの勤務場所によって違ってくるでしょう。実際は残業などで週40時間以上の勤務となることも多いのではないでしょうか。

管理薬剤師の勤務時間 24時間オープンの店ではどうなる?

管理薬剤師の勤務時間ですが、営業時間が長い職場ではどうなるのでしょうか。

最近は、薬局やドラッグストアなどでは土日もオープンをしていたり、24時間営業の店舗も増えてきました。

いくら管理薬剤師が管理責任があるからといって、営業時間中ずっと勤務を続けるわけにはいきませんね。週に40時間以上営業しているところでは、必然的に管理薬剤師が不在の時間が出来てしまいます。

この時間帯は代行の薬剤師が管理者となることが認められていて、常勤の管理薬剤師がいなくて管理が出来ていない!という状態にはなりません。

このように代行の薬剤師に管理をお願いできますが、薬剤師が不足している職場では管理者が不在となり、管理薬剤師が超過勤務をせざるを得ないケースもあるかもしれません。

管理薬剤師の勤務時間 週32時間も募集あり

管理薬剤師 勤務時間は常勤でなければなりません。常勤という考えは労働法にも関係していますが、就業規則で定められている常勤の所定労働時間の間を勤務している職員のことです。

労働基準法では「休憩時間を除き1週間について40時間を超えて労働させてはならない」とされています。そのため、常勤の管理薬剤師の1週間の勤務時間は最大で40時間となっています。一般的には一日8時間、週に5日勤務の形態が多いでしょう。

けれでもフルタイムで勤務できる薬剤師が見つからない職場では、どうすればよいのでしょう。

勤務時間週40時間の管理薬剤師を雇うことが難しい場合、週に32時間勤務している薬剤師を常勤薬剤師とする、という厚生省からの解釈があります。

そのため、週に32時間勤務する薬剤師を管理薬剤師とすることは可能なようです。

管理薬剤師が不在の時間が長くなりますが、週40時間よりも短い勤務時間で管理薬剤師の仕事はできるのですね。

週に32時間で勤務する場合は、自分が勤務していない時間帯の管理体制をしっかりと決めておくことが重要そうですね。代行となる複数の薬剤師が勤務しているかどうかもチェックです。

管理薬剤師 勤務時間が増えることも

管理薬剤師の勤務時間は実際には長くなる可能性があります。管理薬剤師は職場の管理者として勤務しりますので、幅広い業務に関わっています。

規定の勤務時間内に全ての仕事を終えることが難しい場合も多いでしょう。他の薬剤師が仕事を終えて帰宅したのちも、一人残って残業することもあるかもしれません。

それでも管理職として管理薬剤師手当や残業手当がきちんと支払われる職場だったら、仕事の責任をきっちり果たしていけそうですね。

企業の管理薬剤師などは週の勤務時間が決まっていて残業などが少ない傾向です。

管理薬剤師になる時には、通常の勤務時間や勤務時間の超過に応じて残業代が支払われるかどうかなど、気になる点を調べてから転職するほうがよいですよ。

薬剤師転職サイトに登録して、コンサルタントに相談するのが近道です。

このページの先頭へ