管理薬剤師と薬局長は何か違うの?

管理薬剤師と薬局長、どちらも管理職で責任が重そうな感じですけど、この二つは何か違いがあるのでしょうか。

管理薬剤師が薬局長を兼務したり、別々の薬剤師が担当したり、役割が少し異なることもあるようですね。働くところによって呼び方が変わることもありますよ。

管理薬剤師と薬局長の違いは?

管理薬剤師と薬局長は、どのように違うのでしょうか。

薬剤師が調剤薬局で働くときにキャリアアップをするには、管理薬剤師や薬局長のポジションを目指すことになります。

まず、管理薬剤師の仕事とは何かをみていきましょう。

薬事法によると、調剤薬局には責任者として必ず一人管理薬剤師を置かなければならないと決められているのはご存知でしょう。

管理薬剤師の業務というと、薬局において医薬品などの在庫管理や保管、医薬品の帳簿の記載、薬局で働く薬剤師や従業員などの管理などを行います。

薬事法とか医療保険などのことも詳しくないといけませんし、薬局が開いている間に起こった事は、管理薬剤師が責任を負わなくてはなりません。

管理薬剤師の勤務時間は週に40時間が基本とも決められていますからね。

それに、管理薬剤師は薬局の設備などの不備があれば、薬局の開設者に申し立てができるのです。

つまり、開設者と同じ土俵に立って、薬局の責任者としての立場になるのが管理薬剤師ですよ。

管理薬剤師、薬局長は何をする薬剤師?

管理薬剤師と薬局長では、薬局長とは何だと思いますか?

薬局長も薬局の責任者です。仕事内容は従業員の勤怠管理や本部への報告など、店舗責任者として本部を結びつける役割を果たします。

店舗の長として従業員に指示をしたり、まとめていくことが多いでしょう。

大手チェーンストアなど複数の店舗を展開しているところでは、管理薬剤師とは別に薬局長のポジションの薬剤師がいることも多いです。

薬局長と管理薬剤師が異なる場合は、仕事の権限や業務内容が決まっていて、それぞれが業務を担当しているでしょう。

それ以外の薬局、特に小規模の薬局では管理薬剤師と薬局長の仕事を一人の薬剤師が行って、薬局の全責任を担うでしょう。

管理薬剤師と薬局長は役割が少し違いますが、薬局で働く薬剤師をまとめていくということには変わりはありません。

薬局長は薬事法によって決まっているわけではありませんので、非常勤の薬剤師でも薬局長のポストに就くことは書類上は可能です。

または、会社や調剤薬局グループよっては管理薬剤師のことを薬局長と呼ぶこともあると思います。

管理薬剤師か薬局長になりたい薬剤師はどうすればいいの?

管理薬剤師と薬局長は少し意味が異なることがわかりましたでしょうか。

どちらも責任者としてのポジションですが、一人の薬剤師が二つを兼務をすることもあれば、別々の薬剤師が担当することもあるということですね。

もし、ある薬局で管理薬剤師か薬局長のポストを募集していた場合、どちらを目指せばキャリアアップにつながると思いますか?

立場は少し異なりますが、どちらのポストを目指してもキャリアアップにはつながるでしょう。

管理薬剤師は薬局の管理を任されることが多く、薬局長のほうが本部とのつながりが強く幹部などの道に近いといえます。

調剤薬局で働く薬剤師なら、いつかは管理薬剤師や薬局長になってみたくはありませんか?

えー、私は責任が付きまとうから嫌だー、なんて言わないで下さいね。

管理薬剤師や薬局長はそれなりに能力がないとできない仕事ですよ。チャンスがあれば是非つかんでいって欲しいです。

あなたが働く職場で上を目指すことが出来ない場合は転職してキャリアアップを目指しましょう。

管理薬剤師や薬局長の求人を探すには、薬剤師転職サイトに登録することをおすすめします。あなたが住む地域にも、たくさんの求人情報が見つかると思います。

あなたのスキルを認めてもらって、スキルアップにつなげていきましょう。

このページの先頭へ